KURAGE online | 保険 の情報

KURAGE online | 保険 の情報

「 不妊治療 」 の情報 

保険適用、コロナ…不妊治療の現状、そして課題は? 第1回「ヨミドクターメンバーズサロン」開催

藤田副編集長とのトークセッションでは、不妊治療保険適用されることへの期待と課題、これから治療を受けようと考えている人へのアドバイス、

妊活で求めたいサポートは?約3割が「2021年に妊活・不妊治療を行う」と回答

政府が2022年度に不妊治療保険適用を拡大する方針を示したことで、不妊治療を巡る状況が大きく変化しつつあります。一方でコロナ禍における

不妊治療、保険適用開始のポイント…逆にお金で不幸にならないための注意点と盲点

前編に引き続き、後編では、ファイナンシャルプランナー(FP)として、不妊治療保険適用された場合の問題点や就労と不妊治療の両立の難しさ、

保険外の不妊治療「2021年」の助成金はいくらか

2021年1月、菅首相は初の施政方針演説の中で、子育て支援として「不妊治療保険適用を、来年4月からスタートし、男性も対象にします」と述べ

「全世代型」社会保障制改革は「自助・共助・公助」で実現できるのか?(鷲尾香一)

不妊治療保険適用は2022年度から. 政府の全世代型社会保障検討会議が12月14日、「全世代型社会保障改革の方針」をまとめ、

不妊治療はなぜ高額――「保険使いたい……」切実な声の背景

菅義偉首相の肝いりで、実現に向けて動き出した「不妊治療保険適用」。今や体外受精で生まれた子どもは、出生児全体の16人に1人の割合となって

全世代型社会保障検討会議

保険適用までの間、現行の不妊治療の助成制度について、医療保険適用を見据えつつ、所得制限を撤廃するなど大幅に拡充します。 第3に、男性の、

不妊治療の公的助成に拡充の動き。民間の「不妊治療保険」も有効か?

人にはあまり言いたくないお金の使い途がある。闘病費用や親の介護にかかったお金、そして不妊治療にかけた費用などだ。数十万円や数百万円は

「生理休暇」や「不妊治療休暇」という呼び名をやめませんか。別の名称を使う企業の事例をご紹介

つい最近、不妊治療保険適用が2022年4月開始を目指すとのニュースがあった。今後「不妊治療休暇」というのも検討されていく可能性がある。

【独自】不妊治療「22年度保険適用」…政府の工程表が判明

不妊治療の公的医療保険の適用に向けた政府の工程表が判明した。2021年1月から現行の助成制度を拡充し、22年4月の保険適用開始を目指す

Copyright© KURAGE online | 保険 の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.